年齢が増えて関節痛が治らないので

継続的にグルコサミンサプリを利用している方からの体験談「加齢とともに関節痛に悩まされて」という意見を掲載します。

加齢とともに関節痛に悩まされて

約1年前からグルコサミンサプリを飲むようにしています。というのは、階段を上る時や座った後に立とうとした時に膝に痛みが走るようになり辛くなって来たからです。

そう言えば母も同じようなことを言っていたのですが最近はあまり聞かなくなったので、どう対策をしたのかを尋ねてみるとグルコサミンサプリを飲んでいるという答えが返って来ました。ですので、私も母と同じグルコサミンサプリを飲み始めてみたのです。

最初は半信半疑で飲んでいましたが、飲み始めて1週間後には階段を上る時も痛みが走らなくなり驚きました。正直、こんなに効果があるとは思っていませんでした。加齢とともにグルコサミンが減ってくると関節の軟骨細胞が減少するために関節痛になるそうなのですが。そのグルコサミンは毎日の食事の中で取り入れるのは難しいのでサプリメントがあって本当に助かっています。

痛みがあるから関節を動かさないのは筋力や体力の衰えにつながる

膝や股関節、肩関節などの可動域が狭くなると、途端に普段の生活が不自由になります。上体の重さを受け止め、大きな動きをする全身の関節の要である股関節を痛めると、起居の動作も大変になります。そのため高齢者が関節を痛めると寝たきりなどになり、余計に関節が使えないのでさらに悪化と悪循環に陥ります。

関節の痛みは加齢との関係が深いため、一度傷ついた軟骨を元通りにすることは困難です。しかし進行を遅らせることで悪化を防ぐことは出来ます。グルコサミンサプリの摂取がその対策のひとつです。関節の中の軟骨成分の構成にはグルコサミンはかかせない存在です。運動や日常生活による軟骨の損傷に対して保護作用があることも分かってきています。

痛みがあるからといって関節を動かさないのは、筋力や体力の衰えにもつながります。痛みが強い時は安静が第一ですが、動かせるようになったら出来る範囲で少しずつでも筋力アップの努めましょう。

その上でグルコサミンサプリとの併用が効果的なものとなります。

>> 最新の売れ筋人気ランキングを見る