ゴルフ時の関節痛対策とその治し方

継続的にグルコサミンサプリを利用している方からの体験談「ゴルフ時の膝痛の緩和させるには?」という意見を掲載します。

ゴルフプレイ中の膝の痛み改善法ってあるの?

わたしはゴルフが大の趣味です。もちろん、中学高校大学と本格的にテニスをしてきただけに体力や筋力にも自信がありました。ゴルフについても自分の体力に自信があっ足し、すぐに上達できると思って始めました。

また、もう一つの理由があったのです。学生時代に脱臼で膝を悪くしたことがあり、今でも激しい運動を冬場にすると半月板のあたりが痛むのが常です。ですからテニスもランニングも特に冬場は行っていません。ゴルフならばスイングの時だけなので膝にも負担はかからないだろうと考えていたのです。

しかし、実際に初めて見るとやはり冬場には膝に痛みが走るようになりました。しかし、今では何よりもゴルフが大の趣味となっているので今は40才ですが生涯スポーツとしてずっと取り組みたいので膝の痛みとどう付き合っていくか考えていくようになりました。

まずは当たり前ですが準備運動の大切さです。特に冬場には屈伸をいつもより多めに行います。深く屈伸をすると筋肉痛になりますので浅い角度で構わないので30回程度をゆっくり行います。これで膝を温めます。次にウォーキングです。ゴルフも以外にカートを使わないと急斜面を歩くことになります。

実はこれが普段行わない動作なので膝に負担がかかるわけです。ですから極力ラウンド前のウォーキングは15分程度は行ってさらに膝を温めることに注力します。ここまで行えば、ほとんど膝の痛みを気にすることはありません。

ラウンドに入る前に額英時代もつかっていたサポーターも着けています。もちろん、ラウンド後もラウンド前と同じように軽く浅い角度で屈伸を行ってダウンを行うことにしています。同伴者もいるのでお風呂上りなどに目立たぬようにやっています。

日常生活でも膝痛を緩和させるさらなる方法

ゴルフ時にはサポーターを着用するなど工夫しているのですが、日常生活でも階段などを上り下りする際、膝に痛みを感じることが多くなってきて困ってきているんです。
そこでどのようにすれば痛みを軽減するか調べてみると・・・

「過度の運動を控える」
「じっとしている」

という事が分かってきました。
まあ実際には無理かもしれませんし、人生いろいろな楽しみがありますので、それを犠牲にはしたくない。

内臓とか健康のためには運動した方が良いし、かといって膝痛のためには運動しない方が良い。
どうしたものかと悩んでいると、友人から良い情報が。

■膝の痛みを軽減させるにはグルコサミンを摂取せよ!
グルコサミンのサプリメントで膝の痛みが軽減されることが期待できるということです。
グルコサミンとは軟骨成分の一種であり、また、関節軟骨を修復する働きがあるといったことから、現在注目されている成分なのです。
これにより炎症などからの痛みを緩和させる効果が期待できるようです。

グルコサミンは、元々人間の身体の中にも存在し、組織を柔軟化、そして保水機能を持っているのですが、年齢と共にこれもまた減少していきます。
ということで、サプリメントという形でグルコサミンを摂取する事で軟骨を保護する効果を期待するのです。

ということで、どんなものがあるのかなと「グルコサミン」と検索・・・。
色々と目につくモノがあるのですが、良さそうなのは次の商品です。

大正グルコサミン パワープラス
久光製薬のMSM+グルコサミン

購入するかどうかはまだ決めていませんが、色々と検討しようと思います。

どちらもいい感じですが、もう少しそれぞれの違いや特徴について調べてから、どちらにするか決めようと思います。

>> 最新の売れ筋人気ランキングを見る