グルコサミンは1日にどれくらい摂取すればよい?

現代の生活に欠かせないグルコサミンの基礎知識として1日の摂取量について詳細にわたって説明します。

1日あたりの摂取量とは

どんなに素晴らしい効果のある薬やサプリメントでも、その飲み方を間違えれば効果が半減するばかりか、かえって症状が悪化してしまう可能性もあり注意が必要です。ただし、グルコサミンのサプリメントなら薬とは異なり、副作用や大量摂取などによる影響はほとんどありません。
では、グルコサミンの摂取について、1日の摂取量の目安や回数、摂取のタイミングなどについて詳しく見ていきましょう。

まず、1日にどれくらいの量のグルコサミンを摂取すればいいのか、その基準についてです。グルコサミンの場合、1日の摂取目安量は体重によって異なり、米国アリゾナ大学医学部のジェーソン博士によれば以下のとおりとなりますので参考にしてみてください。
◎体重54kg以下の人・・・1日1000mg
◎体重55〜90kgの人・・・1日1500mg
◎体重90kg以上の人・・・2000mg

摂取の回数ですが、グルコサミンは1日の摂取目安量を一度に摂るよりも、できれば2〜3回に分けたほうが良いとされています。
例1)  …食後 ◆|訖後  寝る前
例2)  …起きたとき ◆〔訖欧訌
例3)  …起きたとき ◆|訖後  夕食後

回数を分けることで、グルコサミンの効果を比較的長く持続することができますので、痛みが激しいときなどは1日2回よりは3回、3回よりは4回、摂取量も多めにしても良いでしょう。ただし、人によっては吐き気や消化不良、下痢や便秘になることもありますので調整しながら摂取してください。

いつでも摂取できるのが特長の一つ

グルコサミンは、コンドロイチンに比べると比較的早く腸で吸収されてしまいます。ですので、基本的には食事に関係なくいつでも安心して摂取することができますが、胃腸の弱い人なら食後や何かお腹に入れてから摂取したほうが良いでしょう。

1日の摂取量と併せて大切なのが、「継続して摂取する」ということです。まずは1カ月を目安として様子をみてください。痛みが軽ければ、かなり改善できるはずです。慢性の痛みには6カ月〜1年は継続するのが望ましいとされています。とはいえ毎日のこととなるとついうっかり忘れてしまうこともありますが、その辺はあまりこだわらず、いつ摂取しても安心ですので“気づいたら飲む”というようなしてみると良いでしょう。

いずれにせよ、体重により1日の摂取量1000〜2000咾鯡椣造法痛みが軽減するまでは継続して摂取してみてください。また、痛みが軽減されても、年齢を重ねると体内のグルコサミン生成能力がおちてきますので、その分を補給するような形で摂取量を減らしても継続したほうがいいでしょう。もちろん、美容や健康を考えれば、毎日の習慣としてグルコサミンの摂取をおすすめします。

>> 最新の売れ筋人気ランキングを見る