そもそもグルコサミンとコンドロイチンの効果と働きって何?

現代の生活に欠かせないグルコサミンの成分の基礎知識として「グルコサミンとコンドロイチンのはたらき」についてもっとよく知ろう。

グルコサミンとコンドロイチンの働きとは

最近、テレビでも広告でもよく目にする「グルコサミン」に「コンドロイチン」。
これらは一体どんなものか、理解していますか?

グルコサミンもコンドロイチンも関節痛に効果的と言われる成分で、なめらかでスムーズな関節の動きに不可欠な成分だとも言われています。
この2つは、どちらとも軟骨の主成分として挙げられており、近年ではたくさんのサプリメントが販売されていますよね。

では、グルコサミンとコンドロイチンは同じ成分なんだからどっちか一つを摂取すればいいのではないか?と思われるかと思いますが、実は、同じ効果を持っていても、実際に体内に取り込んだときの働きには違いがあるんですよ。

<グルコサミン>
グルコサミンは糖のアミノ酸が結合してできたアミノ糖の一種となります。グルコサミンを摂取することによって、軟骨の再生を促してくれるため、する減った軟骨に効果を現します。
病院などでの治療では、主に変形性関節症に用いられるようです。

<コンドロイチン>
コンドロイチンは、ムコ多糖類の一種となります。グルコサミンと違い、軟骨の再生を促す働きはありません。ただ、軟骨の分解を阻止してクッションのような役割を果たす働きを持っています。軟骨の再生はできなくても、悪化を防ぐことができるというわけですね。

グルコサミンから合成されるコンドロイチン

ここでポイントになるのが、コンドロイチンはグルコサミンから合成されているということです。
グルコサミンやコンドロイチンは、いずれも関節の軟骨部分に関係の深い成分で結果的に関節の痛みを軽減させてくれるものとなりますが、こういった違いがありますので、どちらか一方を摂取すればいいわけじゃないということがご理解いただけるのではないでしょうか。

2つで1セット・・・と言ったほうがわかりやすいかもしれませんね。
また、働き以外にも違う面があります。

それが、抽出方法です。

サプリメントで使われるグルコサミンの場合、カニやエビなどの甲殻類の外皮に含まれる成分を抽出しているものが多くなりますが、それに対しコンドロイチンは、サメの軟骨から抽出されるものが多くなっています。

グルコサミンのサプリメントには、「コンドロイチンも入っています」という文章が多く書いてあるかと思いますが、補給をする際には、コンドロイチンとグルコサミンの2つの成分を同時に摂取することによって、ようやく効果を現すため、この2つの成分を配合したサプリメントが多く販売されているのです。

>> 最新の売れ筋人気ランキングを見る